予防保全

見える化から始まる工場のIoT(あんどん)

工場の状況をIoTで見える化してみませんか!?

IoTの一環として、あんどんのIoT化があります。あんどんにIoTの技術を加えることで、より便利にすばやく設備異常に対応できるようになります。

例えば、あんどんにタブレット端末を接続することで、いつでもどこでも生産状況を把握することができます。短期導入が可能なので工場のIoT化への足がかりに最適です。

「あんどん」とは

設備の生産状況や発生している異常を見える化して、工場の生産性を向上させるシステムです。あんどんの役割として、必要な情報を最適なタイミングで担当者に知らせることが重要になります。

弊社では、あんどんIoT化のメリットをお伝えするためのデモ機を作成しました。こちらは「ものづくりフェアin碧南 2019」にも出展させていただきました。

工場でお困りごとがありましたら、竹中電機までご相談ください。