絶縁監視ソリューション

絶縁監視ソリューションによる
工場全体の絶縁管理。
火災事故や設備停止を未然に
防ぎます。


漏電は放置すると大変危険です!

例えば・・・
 ○老朽化が進んだ建物や設備がある
 ○絶縁関係の故障が頻繁に発生する設備がある
 ○既に絶縁監視機器は取り付いているが、検出精度に不安がある
 ○絶縁状況の変化を履歴管理できていない


火災の原因となる漏洩電流I0rを
正確に検知することが重要です

一般的な漏電監視機器や漏電ブレーカは、熱を持たない安全成分であるI0cを含んで監視します。
I0cを含んで監視してしまうと本当の危険度は分からなくなり、過検出や検出漏れが発生する恐れがあります。

なので、熱を持ち火災の原因となる危険成分であるI0rのみを区別して監視することが重要です。



弊社では、お客様の環境に合わせた絶縁監視ソリューションを提案します
ぜひ一度弊社窓口までお問合せください お問合せフォームはこちら


漏電ポリス RDPシリーズ

上流および系統別に監視する場合に最適です。
電気設備の漏洩電流IorをIoTで遠隔監視します。

(商標登録出願中)



特徴

  • 高精度な漏洩電流I0r監視とIoTをパッケージ化
  • ポータブル式で持ち運び可能。測定したい箇所へクランプCTで簡単設置
  • グラフおよびメール通知機能を標準搭載


構成例

トランス二次側へのクランプおよび、基準電圧へ配線を行い、漏洩電流を監視します。
また漏洩電流の値はクラウドに収集されるので、管理者PCからWebページを通じて状況を確認できます。



導入事例

【株式会社 チタ製作所様】
リアルタイムで漏電監視を行なうことにより、安全対策をより確実にすることを目的に導入しました。
・漏電状態のトレンドを把握し早期対策
・異常発生時は担当者へメール通知を実施


より詳細な事例紹介はこちら









絶縁抵抗監視装置 IRSシリーズ

末端の機器ごとに監視する場合に最適です。
電動機等の絶縁抵抗を高精度で監視します。

特徴

  • メガー方式と同等の高精度な絶縁抵抗監視
  • 漏電の予兆となる絶縁抵抗劣化を正確に検知
  • 停電状態でのメガー測定

構成例

モータを対象としてた構成例として、U,V,W相およびアースに対して配線します。
設備が停止したタイミングをトリガーとして、測定を行います。



導入事例

【自動車部品メーカー様】
豪雨の影響で川が増水した時、排水をするはずのポンプが作動しなかった。調査すると絶縁劣化が原因と判明。以降は、作業員が定期的に絶縁測定を行なうようにしていたが、ポンプ室が事務所から離れた場所にあり、非常に手間がかかるため、対策を検討していた。

そこで、絶縁抵抗監視装置IRS-500とアナログ出力装置IRS-DAを導入。
IRS-DAでアナログ変換した測定データを制御盤のPLCへ入力し、PLC側のシステムにより、測定値が予め設定した絶縁低下閾値を下回ったら、絶縁低下警報として事務所へ通知するようにした。

より詳細な事例紹介はこちら







製品ページURL

絶縁抵抗監視装置IRS 製品紹介


サポート・お問い合わせ

製品・サービスへのお問い合わせ、サンプル・ご購入の相談については、こちらよりご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

Tel.0566-48-3221

受付時間:平日 9:00~17:00