業務改善

遠くにある設備も事務所で管理。工場の見える化で現場改善をしてみませんか?

写真1
  • 「事務所から遠い位置にある設備状況を、毎回現場へいって確認するのが大変…」
  • 「切り忘れの確認するために何台もある機械を見て回るのが面倒….」

こうした問題で困っていましたら、機械設備の見える化を検討してみてはいかがでしょうか?

見える化とは?

「目で見る管理」という言葉が派生したもので、機械の稼働状況が目で見てすぐにわかることや、生産状況が数字で表示されるといったことです。

見える化の方法として、例を2つご紹介いたします。

LoRa無線機(ハカルプラス株式会社)

ハカルプラス株式会社が提供する機械設備監視システム『LoRa無線機』は、無線通信を使って各設備の状況を「見える化」します。

LoRa無線とは、少ない消費電力で広いエリアをカバーする無線(LPWA)の一種で、見通し5kmの長距離通信が可能です。

あんどんシステム

あんどんとは、設備の生産状況や発生している異常を見える化して、工場の生産性を向上させるシステムです。あんどんの役割として、必要な情報を最適なタイミングで担当者に知らせることが重要になります。

あんどんにIoTの技術を加えることで、より便利にすばやく設備異常に対応できるようになります。例えば、あんどんの情報をタブレット等に接続することで事務所のみならず、どこにいても管理できるようになります。

「遠くにある設備を管理するのが大変」という問題も、工場の見える化で解決ができます。

竹中電機では、お客様に合わせたお困りごとの解決方法を提案させていただきます。何かお困りごとがありましたら竹中電機までご相談ください。