モータの絶縁測定に -絶縁抵抗監視装置-

予防保全
絶縁抵抗監視装置



こんなこと、ありませんか?

  • 設備の絶縁劣化のメガーによる定期点検は、
    工数も多くて何かと面倒
  • 測定のたびに生産ラインを止めたくない
  • メガー測定と精度は変えたくない
  • 絶縁測定を自動化、常時監視できるようにしたい
  • 予備在庫を減らしたい

上記の項目に当てはまる設備は
「絶縁抵抗監視装置」がお役に立てるかもしれません!

絶縁抵抗監視装置のメリット

①時間・手間を削減
設備を停止させると僅か7秒程度でモータの絶縁劣化状態
を測定します。
従来のような停電、配線の取り外しといった大掛かりな
作業もありません。
時間・手間を削減
②予備在庫の削減
設定した値を下回るとアラームを出力するため、その
タイミングで予備品を発注することができ、在庫を
減らすことができます。
予備在庫の削減
③ダウンタイムの削減
寿命管理ができ、計画的な取り替え工事ができます。
結果、突発的なライン停止を予防します。
ダウンタイムの削減
④製品不良・廃却コストの削減
日々の絶縁状態を監視し、計画的に交換を行うことで
ライン停止そのものを予防し、製品不良を発生させ
ません。
製品不良・廃却コストの削減



紹介動画




商品概要

絶縁抵抗監視装置
メガー方式で信頼性の高い絶縁抵抗を測定します。主に工作機械に搭載されている各種モータの絶縁状態を自動監視。保全コストおよび保守用在庫品のコスト負担を低減し、突然のライン停止を事前に予防できます。

  • 設備の停電は不要
  • メガー方式のため、I0r方式より高精度な値を測定可能
  • 遅延タイマーによりモータが完全に停止した後に測定が可能
  • 4種類の測定値から場面に合わせた使い分けが可能(標準は1MΩ、5MΩ、10MΩ、20MΩから選択可能)
  • 汎用性が高く、機器や容量、メーカーを選びません
  • 高電圧測定法ですが感電の心配がありません
  • セーフティ回路の要求される設備へも対応
  • 生産工場における汎用検査装置としても使用可能


IRS-500
*定格測定電圧が異なる2種類をご用意
定格測定電圧:500V
IRS-500
定格測定電圧:250V
IRS-250
標準価格: 68,000円


*取扱説明書をご覧になりたい方は、
メールフォームよりご請求ください



型式 IRS-500 / IRS-250
外形寸法 W88×H90×L58(DINレール取付形状)
重量 210g
電源電圧 DC24V(範囲 20.4V~26.4V)
消費電力 2.5W以下
使用周囲温度 0~55℃(氷結および結露なきこと)
耐振動(誤動作) 10~55Hz 片振幅0.5mm XYZ各方向
安全カテゴリ Class2 (JIS B 9705-1)
制御リレー出力 測定中出力 / 絶縁低下出力 / 機械故障出力
定格負荷 AC125V 0.5A / DV24V 1A
測定モード IRS-500:DC500V / 100MΩ IRS-250:DC250V / 100MΩ
測定精度 第一有効測定範囲 ±5%以下(0.1MΩ~50MΩ)
第二有効測定範囲 ±10%以下(50MΩ~100MΩ)

    オプション製品
  • アナログ出力装置 IRS-DA

    測定した絶縁抵抗値を4~20mAのアナログ信号で出力します。
  • 表示器 GP4105G1D-IRS

    盤内にある絶縁抵抗監視装置の測定値表示や履歴表示、設定変更が行える専用表示器です。
  • 切替器 IRS-RY-C

    DCモータ等を測定する際に、測定電圧がコントローラへ回りこまないようにする為の機器です。


用途例

  • ■生産設備の各種モータの絶縁測定
  • ■生産設備や金型などのヒータの絶縁測定
  • ■発電設備などの絶縁測定
  • ■絶縁を必要とする部品(製品)の工程内簡易測定


よくある質問

導入事例・実績が知りたい
自動車関連企業などの金属加工におけるサーボモータ / スピンドルモータ、樹脂成型における金型ヒーターなどでご使用いただいております
手動で測る事はできますか
はい、可能です

外付けでボタン等の接点を追加し、接続してください。
またはオプションの表示器をご利用ください。
(表示器の設定で手動測定限定にすることも可能です)

履歴はとれますか
オプションの表示器を付けることで可能です

詳しくはこちらをご覧ください。

前予報の機能はありませんか
オプションの表示器を付けることで可能です

詳しくはこちらをご覧ください。

表示を操作面で見たいのですが
オプションの表示器をご利用ください

詳しくはこちらをご覧ください。

※使用するケーブル長は15m以内でご利用ください

アナログの出力は出ますか
オプションのアナログ出力装置を付けることで可能です

詳しくはこちらをご覧ください。

絶縁抵抗の低下の判定値を変えられますか
はい、可能です

本器のディップスイッチで4パターンの変更ができます
(出荷時は10MΩに設定してあり、1M,5M,10M,20Mに設定できます)
また、オプションの表示器を付けることで1MΩ~99MΩまでの設定が可能です