予防保全

モータの絶縁劣化はなぜ起こるのか?安全に機器を利用しましょう

絶縁劣化による故障・感電

モータの絶縁劣化が起こる一例として、オイルミストの影響があります。

金属の切削加工、製品の組み立て工場では切削加工部から常にオイルミスト等が発生しています。

空気の膨張収縮による現象で筐体の隙間からオイルミストなどの異物が侵入しやすくなります。モータ内に侵入したオイルミストは時間経過で酸化し、絶縁劣化の原因となり、漏電・短絡を発生させます。


予防保全として、絶縁抵抗は日常点検および定期点検で管理することが重要です。
絶縁抵抗を測る測定器として、手動で測る「絶縁抵抗計(メガー)」があり、回路の絶縁状態を測定できます。また、絶縁抵抗を監視する保護装置として、自動で測る「絶縁監視装置」があり、回路の絶縁状態が保たれているかを常時監視します。

設備の稼働状況によって、考えるべき対策も違ってきます。安全に機器を利用するために、一度お使いの設備の予防保全を見直してはいかがでしょうか。

また、弊社ではイプロスにて絶縁抵抗ハンドブックを無料公開しております。ぜひ予防保全にお役立てください。