予防保全

何から始めれば良い?IoT活用による「見える化」への取り組み

クラウド

近年、IoTという言葉をよく聞くようになりました。IoTは、「Internet of Things」の略称で、工場内のあらゆるモノがネットワークに接続し、機器やサービスがそれぞれ自律的に通信・制御するインフラ、あるいはそのインフラが実現する社会をあらわします。

しかし、「具体的に何から始めれば良いのか?」という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、IoT導入の第一歩としてオススメな商品をご紹介いたします。

IoT導入のオススメ商品 製品名:マルチ・データボックス
メーカー:シュナイダーエレクトリック
マルチ・データボックス
  • 異なるメーカー、新旧コントローラーのデータをプログラムレスで収集可能。
  • データベース、エクセル等各アプリケーションとデータ連動可能。(データマネジメントソフトPro-Server EXが別途必要です。)

本商品はお手軽且広範囲に運用できることから、弊社営業部にて、IoT導入を初めて導入されるお客様に積極的にお勧めさせていただいております。

この機会に是非導入をご検討ください。